税理士さんに投資信託の分配金の課税についてお聞きします。

税理士さんにお聞きします。毎月分配の投資信託をもっていますが、所得が少ないので確定申告に分配金を合算しても、分離課税より税金が少なくなるのではと思いますができるのでしょうか。毎月のことなので、なんとかならないでしょうか。
分配金の計算は複雑そうで、買った価格より基準価格が高ければ課税とかになり、国税、地方税がひかれてきます。時には課税されないときもあります。その他配当などもやはり分離課税されます。やはり人間の心理として、少しでも税金が安くなればそれに越したことはありませんので、基本的なことのようなのですが、その他も含めて税理士さんに相談したいのですが相談料はいくらぐらい考えておけばよいでしょうか。無料相談もあると聞きましたがどのあたりまでが無料なのかも見当がつかないため、先に金額を聞いておきたいと思うのです。本当にこの手のことにはまったく疎いもので申し訳ないとは思うのですが、大体の人間はわからない人が多いのではないかと思います。なにせ、専門的な知識が必要な事柄ばかりですので、数年人1回程度必要な事柄なので、まったくわからないというのが現状です。

903

税のプロ税理士法人とは

税理士法人を利用することで家族の働き方を考えることが出来ます。配偶者控除を受けるためには103万円以内で働くのがいいとされています。しかしもっと働けるのなら働いた方が全体の収入が上がることもあります。
夫の収入によってもいろいろあります。税理士法人に相談すると、配偶者の働き方を考えることも出来ます。家族としての収入を考えていくことは税金を考えることになります。時代にあった働き方を選ぶのも賢い生き方です。

税金に関する質問は税理士法人の方にしてみましょう。車を所有していると、自動車税やら重量税やら色々かかりますよね。うちの車は13年目なので、重量税が上がるんだとか。やはり、軽自動車とかは税金も安いのでしょうか?燃費もいいから結構走りそうですよね。でも、うちは子ども二人に犬一匹いるので軽自動車だといつパンパンで燃料も消費しそうです。

Copyright ©All rights reserved.税理士会計士情報 .